民間資格@その他

Webクリエイター能力認定試験(1)【資格取得へ一直線】

Webクリエイター能力認定試験はサーティファイが主催するWebデザイン能力を認定する資格。
試験には「初級」・「上級」があり、どちらも規定問題と自由問題の2部構成になっています。
規定問題はテキストエディタを使ってHTMLファイルを作成。
自由問題ではWebページ作成ソフト(Dreamweaverまたはホームページビルダー)を使用して課題を作成します。

2007年4月現在、HTML4.01Scriptに対応した新試験と非対応の旧試験に分かれています。
新試験の方がより高度な内容になっています。
しかし、対策をたてておけば、そんなに難易度の高い試験ではないので、新試験でチャレンジした方がいいと思います。

受験資格は、学歴・年齢などの制限はありません。

合格基準は、初級・上級ともに規定問題・自由問題がそれぞれ60%以上となっています。

受験料は、初級が4,800円(税込)。上級は6,400円(税込)です。

初級・上級とわかれていますが、いきなり上級を受験してもかまわないようです。
ただし、初級の内容も確認し、必要であれば事前に勉強しておいた方がいいかと思います。

私の場合、初級は受けずに上級だけに的をしぼりました。
2005年1月に上級を受験。
合格して資格取得
2月中旬に合格証が届きました。

この資格は、HTMLやスタイルシート、Webページ作成ソフトの使い方をすでに勉強してる方は独学でも資格取得できると思います。

書籍はFOM出版からでている「Webクリエイター能力認定試験 対策テキスト&問題集」(初級と上級がある)だけですが、対策はこの本で十分です。
模擬問題も本番に近いし、過去問もあるので、試験対策のテキストとして申し分ありません。

あとは試験時間内に問題を解く訓練をすれば、合格の可能性はグッと高まります。

Webクリエイター能力認定試験(2)【資格取得へ一直線】へ続きます。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング

民間資格@その他

Webクリエイター能力認定試験(2)【資格取得へ一直線】

Webクリエイター能力認定試験(1)【資格取得へ一直線】の続きです。

Webクリエイター能力認定試験で、資格取得のための最大のポイントとなるのが第1部の「規定問題」。
初級・上級とも規定問題はテキストエディタを使用してHTMLファイルを作成します。
試験時間はどちらも40分ですが、問題数は初級8問程度に対し、上級は10問程度。
さらに上級では初級にはない「スタイルシート」の問題が出題されます。

試験ではHTMLタグやスタイルシートのリファレンスが配布され、試験中に見ることができます。
なーんだ、この資格取得、楽じゃないかと思われるでしょう。
初級は受験していないので何ともいえませんが、上級に関してはハッキリと断言できます。

リファレンスを見る余裕は全くありません!!

HTMLタグやスタイルシートの属性などは覚えておかないと時間内に解答はムリです。
HTMLとスタイルシートは確実に覚えておきましょう。
あと、模擬問題や過去問題を試験と同じ40分で解く練習をしてください。
そうすることで試験の感覚を養うことができます。
これがこの資格取得の近道です!

Webクリエイター能力認定試験(3)【資格取得へ一直線】に続きます。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング

民間資格@その他

Webクリエイター能力認定試験(3)【資格取得へ一直線】

Webクリエイター能力認定試験(2)【資格取得へ一直線】の続きです。

最後に第2部の「自由問題」。
初級・上級とも、課題となるWebサイトをWebページ作成ソフトかテキストエディタで作成します。
試験時間はWebページ作成ソフト使用の場合は初級60分、上級90分です。
テキストエディタを使う場合については初級80分、上級120分。
複数のページを作成するので、テキストエディタよりWebページ作成ソフトを使用した方がいいと思います。

使用できるWebページ作成ソフトは「Dreamweaver」、「ホームページビルダー」です。
試験会場によっては各ソフトのバージョンが異なるようなので、受験する場合はバージョンもチェックしたほうがいいと思います。
サーティファイ内にあるWebクリエイター能力認定試験の「受験会場検索」で会場の詳細を確認してください。

Webページ作成ソフトを使いこなせるならば、自由問題はそんなに心配することはないと思います。
ここも模擬問題や過去問題を解いて、問題に慣れておいてください。
これが資格取得の近道です。
上級の場合はスタイルシートも関わってくるので、各ソフトのスタイルシート指定方法もマスターしておきましょう。

次は受験の申込について。
登録会場で自社サイトを持っている所は「受験申込」のページで受験申込できるところがあります。
サイトを持っていない会場についてはメールか電話で直接確認した方がいいのでしょう。

Webクリエイター能力認定試験(4)【資格取得へ一直線】へ続きます。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング

民間資格@その他

Webクリエイター能力認定試験(4)【資格取得へ一直線】

Webクリエイター能力認定試験(3)【資格取得へ一直線】の続きです。

最後に、この資格取得のための勉強方法をまとめます。

●Webクリエイター能力認定試験の勉強法●

FOM出版の「Webクリエイター能力認定試験 対策テキスト&問題集」で試験対策。
○規定問題は、模擬問題や過去問題を試験と同じ40分で解く練習をする。
○リファレンスを見ないで解答できるように、HTMLやスタイルシートは覚えておく。
○自由問題は、模擬問題や過去問題を解いて問題に慣れておく。
○Webページ作成ソフトの操作に慣れておく。

試験対策に役立つテキストも紹介します。

●Webクリエイター能力認定試験の対策テキスト●

「よくわかるマスター Webクリエイター能力認定試験初級(HTML4.01対応) 対策テキスト&問題集」
著者:富士通オフィス機器株式会社
出版社:富士通オフィス機器
本体価格:2,800円(税込2,940円)

「よくわかるマスター Webクリエイター能力認定試験上級(HTML4.01対応) 対策テキスト&問題集」
著者:富士通オフィス機器株式会社
出版社:富士通オフィス機器
本体価格:3,000円(税込3,150円)

Webクリエイター能力認定試験に関して、もっと詳しく知りたい方は下記のリンク先へどうぞ。

●Webクリエイター能力認定試験に関するリンク●

ビジネス能力認定 サーティファイ
Webクリエイター能力認定試験を主催している。他にもさまざまな資格試験があります。

Webクリエイター能力認定試験
試験の詳細が記載されている。「公開試験会場検索」で試験会場を探せます。
サンプル問題もあるので、受験を考えている方は一度チェックしてはいかがでしょうか。

FOM出版
「Webクリエイター能力認定試験 対策テキスト&問題集」を出している会社。
そのほかにも多くの優れたテキストを出版しています。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。