民間資格@その他

ビジネスコンプライアンス検定(1)【資格取得へ一直線】

ビジネスコンプライアンス検定

最近、ビジネスの現場で「コンプライアンス」という単語をよく耳にします。
コンプライアンスという言葉にはどんな意味があるのでしょうか?

コンプライアンスという言葉をウィキペディアでは、こう記述されています。

<コンプライアンス (Compliance) とは、(要求・命令などに)従うこと、応じることを意味する英語。近年、法令違反による信頼の失墜が事業存続に大きな影響を与えた事例が続発したため、特に企業活動における法令違反を防ぐという観点からよく使われるようになった。こういった経緯からか、日本語ではしばしば「法令遵守」と訳されるが、「コンプライアンス=法令遵守ではない」という考え方を持つ専門家もいる。(後述の「フルセット・コンプライアンス論」参照) また、物体の伸縮性・可塑性を示すときにも用いられる。>
(ウィキペディアより引用)


企業におけるコンプライアンス(ビジネスコンプライアンス)について、ウィキペディアではこう記述しています。

<コンプライアンス(法令遵守)は、コーポレートガバナンスの基本原理の一つ。法律や規則といった法令を守るだけでなく、社会的規範や企業倫理を守ることまでも含まれる。企業におけるコンプライアンスについては、ビジネスコンプライアンスという場合もある。今日ではCSR(企業の社会的責任)と共に非常に重視されている。>
(ウィキペディアより引用)


ビジネスコンプライアンス検定」は、ビジネスコンプライアンスが注目が集まる中で生まれた資格試験と言えます。
企業活動の中で必要となるコンプライアンス経営、ビジネス現場で働く者として、コンプライアンス行動について、理解度や価値判断基準、ビジネスシーンでの対応能力を評価す資格試験が、ビジネスコンプライアンス検定です。

ビジネスコンプライアンス検定(2)【資格取得へ一直線】に続きます。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43746198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。