民間資格@その他

日本茶インストラクター認定制度(1)【資格取得へ一直線】

「日本茶インストラクター認定制度」とは、日本茶についてその効能、おいしい飲み方、お茶の種類・収穫地などの知識を持っていることを認定する資格になります。
NPO法人日本茶インストラクター協会が主催し、別名「茶ムリエ」と言われています。

日本茶インストラクター認定制度には3種類の資格があります。

●日本茶アドバイザー(初級)
消費者の指導・助言ができる日本茶全般の知識および技術がある、日本茶インストラクターのアシスタントとして適性を備えた初級指導者を認定する資格です。

●日本茶インストラクター(中級)
消費者や日本茶アドバイザーに指導・助言することができる、日本茶すべての知識および技術を持つ中級指導者を認定する資格です。

●日本茶マスター(上級)
日本茶インストラクターとしての活動・経験を持ち、日本茶に関する専門分野の知識および技術の程度が特に優れている上級指導者を認定する資格です。
日本茶マスターは発足予定の資格で、2007年5月現在、まだ発足していません。

日本茶インストラクター認定制度(2)【資格取得へ一直線】に続きます。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40860570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

日本茶アドバイザー日本茶アドバイザー(にほんちゃアドバイザー)とは、社団法人日本茶業中央会が認定する日本茶に関するプロフェッショナルの初級資格。資格を得ることができるのは日本国内に居住する満18歳以上..
ブログ名お茶辞典
2008-02-07 08:29

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。