民間資格@その他

フードアナリスト(1)【資格取得へ一直線】

「フードアナリスト」とは、レストラン・料理飲食店を格付けする知識と素養を持ち、食および食空間の評価・分析をする専門家になります。

レストランなどに実際に行き、利用者の立場で飲食サービスを受け、料理の評価だけでなく、サービス、安全性、雰囲気を総合的に評価します。
その評価結果を「1つ星」から「5つ星」までの格付けし、推奨する飲食店を主にインターネットで公開します。

フードアナリストの資格を取得するには、日本フードアナリスト協会が指定するカリキュラムを修了、または協会主催の検定試験に合格して協会に入会することで、協会認定のフードアナリストの会員となり、協会認定フードアナリストの名称を名乗ることができます。

方法として、下記の4つの方法があります。

●通信教育
●カルチャースクール
●日本フードアナリスト協会が指定する専門学校
●フードアナリスト検定試験を受験

受験資格は、満18歳以上の良識ある男女。
国籍・性別・学歴などは問われません。

検定試験料は7,000円(税込)です。

フードアナリストには4級から1級、そして最上級となる「特級」があります。
4級から始めて、1段階ずつ、講座修了または試験合格によりランクアップする必要があります。

試験は毎年6月と11月に行われます。
平成19(2007)年度の試験は、6月24日(日)が3・4級の試験になります。
11月18日(日)は、2・3・4級の試験になります。

フードアナリスト(2)【資格取得へ一直線】に続きます。


人気blogランキングへ

資格ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。